ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME交通・輸送ドメイン船舶・海洋事業船ができるまで

船ができるまで

三菱重工業では、様々な船の建造に取り組んでいます。設計・工作段階ではコンピュータを大幅に取り入れており、その優れた品質と信頼性は世界的に定評があります。ここでは、新しい船ができるまでをご紹介します。

1.設計・開発

船は使う目的や用途によって大きさや形が違います。船主と目的や用途について打合せを行い、CADシステムなどコンピュータを使って大きさや形を決めていきます。

イメージ:設計 イメージ:設計 イメージ:設計

2.材料購入・切断

船づくりに必要な鋼材は工程に合わせて搬入されます。鋼板は、NC切断機が、コンピュータの設計データ通りに、自動的に、いろいろな形に切り抜いていきます。厚いものでは6センチメートル以上になります。

イメージ:材料搬入 イメージ:材料切断

3.曲げと溶接

切られた鋼材は、プレスやローラーによる曲げ加工や溶接工程を経て次々と組み立てられていきます。

イメージ:曲げ イメージ:プレス曲げ

4.ブロックをつくる

鋼材は、小組立・中組立・大組立という工程を経て大きなブロックに組み立てられます。工場の中で組み立てるので、作業しやすく安全で、しかも、船台で組み立てる期間が短くてすみます。

イメージ:小組 イメージ:中組 イメージ:ブロックをつくる

5.船台での組み立て

ブロックをクレーンで吊り上げて船台まで運び、溶接でつなぎ合わせて船の形にします。

イメージ:船台での組み立て組 イメージ:溶接 イメージ:居住区搭載

6.進水

船体ができると、進水です。進水は、船台建造では、船台から船体を滑らせて進水させます。(ドック建造では、ドックに注水して船を浮き上がらせます。)船台進水では、進水時に進水・命名式を行います。船主と造船所の関係者が出席して船に名前をつけます。船の支え綱が切られ、船の先端に取り付けられたシャンパンが割れると進水が始まります。同時にくす玉が割れ紙吹雪が舞います。新しい船の誕生です。

イメージ:進水式 イメージ:進水式

7.船内の仕上げ

進水が終わると、船は岸壁につながれ、船内の装置の組み込みや船室作業が行われます。

イメージ:艤装 イメージ:船内の仕上げ

8.試運転・完成

最後に、海上を実際に走っていろんな性能確認試験を行います。すべての試験に合格すると船は船主に引き渡され、初めての航海へ向け造船所を出航します。
ドックで建造した場合は、このとき、命名引渡式を行います。

イメージ:試運転・完成 イメージ:試運転・完成
ページのトップへ戻る