ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME交通・輸送ドメインニュース2011年度コンテナ運搬船「セロジャ リマ」命名式

ページの本文です。

2011年5月9日 発行

コンテナ運搬船「セロジャ リマ」命名式

3月29日、香焼工場(長崎市香焼町)東1号岸壁で三井物産株式会社および東慶海運株式会社向けコンテナ運搬船の命名式が行なわれました。
式では三井物産株式会社常務執行役員 川嶋 文信様が本船を「セロジャ リマ」と命名され、引き続き東慶海運株式会社 代表取締役社長 長谷部 安俊様のご令孫 長谷部 早紀様が支綱切断を行なわれました。
(セロジャはマレー語で「蓮」、リマは「5」の意)

本船は三井物産株式会社を通して受注した4隻シリーズの第3番船でコンテナを約8,500個搭載でき、1番船(平成22年5月31日引渡し済)、2番船(平成22年8月27日引渡し済み)と同様当社で建造したコンテナ船では最大級です。
また燃料油タンクに二重船殻配置を採用し、海洋汚染防止を考慮した環境に優しい船となっています。

【主要目】
全長 316メートル・幅 45メートル・深さ 25メートル
総トン数 約86,000トン
コンテナ搭載数 約8,500個

 

三井物産㈱常務執行役員 川嶋様による命名

 

SEROJA LIMA

 

命名式の動画はこちらから

Windows Media Player 11 Windows Media Playerのダウンロード
当ページの動画コンテンツをご覧頂くにはWindows Media Playerが必要となります。

以  上